katsuragi.com

天才肌の凡人

鶴見済「完全自殺マニュアル」レビュー

葛城 (@d_katsuragi_) on Twitterです。

 

今回は鶴見済氏の完全自殺マニュアルについて書いてみようと思います。

 

手元に現物が無い為、思い出せる部分だけを書き綴っていきますが、良ければお付き合いください。一応ネタバレ注意でお願いします。

 

まとめ

先に結論を言うと、この本は「人生が苦しくて死にたい」という方に取っては、正に前書きで紹介されている「エンジェル・ダスト」という飲むと頭の中がメチャクチャになり平気でビルから飛び降りてしまうくらいの薬。「これを肌身離さず持っているからいつでも死ねる」という「安心感」をもたらすものにはなると思います。

 

実際に死ねる方法は書いてあるのですが、それよりも「いつでも死ねるんだから気楽に生きようぜ」という著者のメッセージに共感できる方にはとても救いのある、安定剤代わりの本になってくれると思います。

 

逆に、もう死ぬことを決めていて「◯月◯日には死ななければならない」というような切羽詰まった方には向かないかもしれません。

実際、当時本気で死ぬつもりでいた私もこの本に書いてある方法だけでは不十分だと判断し、ネットで首吊りの方法を調べまくりました。

 

まあ、切羽詰まった方は方法云々ではなく勢いで死んでしまうとは思いますが・・・

「どの方法が楽か」などと考えている間はやはり迷いがあるんでしょうね。

 

というわけで前者のような方にはオススメの本です。

 

首吊り

ここから具体的に紹介されている自殺方法について。

完全自殺マニュアル」イチオシの自殺方法というのがこの首吊りで、これさえ知っていれば他の方法は考える必要が無いと言い切っています。

 

その理由は、ズバリ簡単で安楽だから。

と言うことなのですが、実際実行してみるとロープの結び方が書いていなかったり、吊る場所が無かったりとそんなに簡単でもないことが見えてきます。「角度を付けて吊れば一瞬で意識喪失、そのまま死に至る。」と言われても本当なのか?と疑ってしまいますし、実際に首吊りで死んだ人に苦しかったかどうか聞くこともできないですしね。

 

この辺の意識喪失する感じは昔あった失神ゲームのような要領で擬似体験ができますが、そこから死に至るまでに苦しんでいるのか否かは第三者にはわからないのが難点です。

 

飛び降り

飛び降りは落ちている時に意識を失い、苦痛は無いとのことですがケースバイケースでしょうね。これこそやった本人にしか苦しかったかどうか解りませんし。

 

生還した人の話で、落ちる瞬間まで意識がはっきりしていて激痛を感じたとうのもありますし、人それぞれなんでしょう。

 

それと、落ちた先に人がいたりすると賠償金を支払わされるケースもあるみたいですし、あまりスマートな方法では無いと思います。

 

その辺りについては「自殺のコスト」が詳しいですね。

 

クスリ

死ねない方法として紹介されています。まず市販薬のODでは死ねないですし、精神科の薬でも致死量を手に入れるのは相当骨が折れるので当時断念した記憶があります。

ただ、キマれば一番綺麗で安楽に、眠るように死ねるイメージはありますよね。

現実は発見されて胃洗浄されるのがオチですが。

死ねる薬が薬局で買えた時代が羨ましいです。

 

手首切り

手を切り落としたイラストと共に「切り落とせ!」との見出しが記憶に残っています。(この本はイラストもセンスが良くて好きです。)

手首切りで死ぬ場合は失血死となるので、手首を切り落とすくらいの勢いでいかないと動脈が切れずに出血が止まってしまうからですね。

個人的にはこの辺の方法は他の方法と併用しないとキツいと思います。

例えば「睡眠薬×手首切り×風呂場で溺死」など。

 

服毒

かなり苦しい自殺方法として紹介されており、事例として小学生男子が農薬のパラコートを飲んで自殺した話が載っていました。

致死量を飲めば最終的には死ぬようですが2週間ほど苦しむようなので割りに合わないですね・・・

 

入水

f:id:D_katsuragi:20180503171101j:plain

こちらもかなり苦しい自殺方法。入水してから死に至るまでの過程が図解で説明されています。

この方法は泳げる人は泳いでしまい、助かってしまう可能性があるので泥酔と組み合わせるか重りを付けて入水するかしないと厳しいかもしれません。

 

焼死

あなたがこれまで冴えない人生を送り、最後くらいは一花咲かせたいと思うなら焼死も良いかもしれない。

鶴見済完全自殺マニュアル」より

痺れますね。私は焼死する勇気は無いですが。

 

感電

首吊りに次いで安楽な自殺方法として紹介されています。事例としては感電自殺の装置を自作して想いを遂げた男性の話が載っていたと思います。

家庭用の電源から電線を引っ張り、体に繋げ、タイマーをセットし、時間になれば電流が流れるという仕組みだったようです。時間が来るまで睡眠薬で寝ていたらしいのですが、そんな状態で寝れるのでしょうか。

 

飛び込み

この本でもあまりお勧めはされていなかったと思います。致死率がなんとも言えないですし、鉄道会社に賠償金を請求されるという噂もあります。

ただ、死にたいと思った時にいつでも死ねるのでそういう面では有効とのことでした。

 

おわりに

このように「完全自殺マニュアル」は自殺の方法が具体的に載っている珍しい本です。繰り返しになりますが、生きるのが辛くて自殺しようか悩んでいる方にオススメしたい一冊ですね。

 

それでは。

ノストラダムスの大予言を信じ、人生を棒に振ったのは私だけでいい

ストラダムスの大予言、ご存知ですか?

 

私が小学校高学年~中学生くらいのときに流行っていた予言なのですが。

「1999年7の月に恐怖の大王が来るだろう」というようなアレです。

 

当時は終末思想が流行っていたのもあり、私は「これは本当に起こるものだ」と信じて疑わなかったのでした。

 

「1999年の7月に死ぬのだから、努力は無意味だ。」

 

そんな思考が私を支配し始めたのは中1くらいの頃だったと思います。うっ頭が・・・

とにかく、私はそのような考えを持つに至ってから全てにおいて投げやりになり始めました。

同じ頃にマスターベーションを覚えたのも良くなかったと思います。

また、「どうせ死ぬんだから・・・」と大予言を安定剤代わりにしていた部分も少なからずあったのでしょう。

 

中一まではトップクラスだった成績も中二くらいから落ち始めました。

勉強していないので当然です。頭が良いと言われて育ったので、驕りもあったと思います。

 

運動神経も抜群に悪いので、ほんとに何もいいところがない人間でしたね。会話も出来ないし。今でこそ必要最小限の会話はしますが、当時はほんとに口が利けなかったんですよ。

 

そんな感じで中学を卒業したんですが、1999年7の月。ついにその時が来ました。

やっと死ねると思いましたが・・・

 

はい、何も起こりませんでした。

 

ΩΩΩナ、ナンダッテー!

 

いやぁ恨みましたよ、ダムスを。恨んでも仕方ないんですけど。

これが嘘だと知っていたら、もっと努力したのにと。

まぁ、後付けの言い訳に過ぎませんけどね。

 

不思議なのは、ネットや現実世界でも、「ノストラダムスのせいでやる気が無くなり努力を放棄した」という話を聞かないことです。

2chのモテない男性板か独身男性板で聞いたことあったかな・・・まあその程度で。

 

やっぱり普通の人は変なデマに惑わされず普通に努力するものなんでしょうね。

アセンションも結局起きなかったですしね。(起きているという説もある)

 

おわりに

まあ若い人に言いたいのはこんな愚かなことはやってはいけないよということです。

特に男性は抜いてばかりいてはどんどん内に閉じこもるし(個人差ありますが)

オナ禁でもして青春を楽しむ方向に持っていくほうが絶対いい。

 

後悔先に立たずというけどほんとそうですからね。

学生カップル(中高生)を見たり恋愛の話をしてる学生(中高生)を見るとこういう記事が書きたくなる葛城でした。

 

追伸

大学生は制服着てないから何とも思わないです。

 

意外と知らない?自殺ソング10選【V系】

葛城です。

 

自殺の歌、知ってますか?

 

死にたい時に聴くと、ひょっとしたら楽になれるかもしれません。

反対に、もっと死にたくなるかもしれません。それは、人それぞれだと思います。

 

死にたい理由も人それぞれ。漠然とした理由だったり、明確に理由がある場合もある。

 

何とも言えませんが、こういうのは聴きたい人だけ聴けばいいとは思います。

 

正直勧めていいものかわかりませんが、今回は自殺ソングを紹介していきたいと思います。テーマがテーマなので、ほとんどヴィジュアル系になると思いますが。

 

それではいってみます。

 

1.「飛び降り」 Dir en gray-理由


Dir en Grey - 理由 ( Riyuu )

原曲が見つからないんですが、このバージョンもかっこいいですね。

歌詞は正直全部は理解できなかったのですが、聴いた人がそれぞれの感じ方をすればいい、と個人的には思っています。

恐らくは「信じることが辛く、君の過去を知った。」がキーワードで、これが自殺の理由になっているのでしょう。

「地面に広がる自分を見つめ」とあるので、手段は飛び降りかと。

 

2.「鉄道飛び込み」 cali≠gari-マグロ


cali ≠ gari マグロLIVE

久しぶりに聴いたけど、やっぱ青さんは天才だなぁ。

 

電車飛び込みを歌ってる曲はあまり無いと思う(笑)楽しくなってしまって死にたくなくなるのでいいかもしれない。

 

カリガリは他に殺人の曲とか、飼ってた魚が死んで「死」を知る曲とかもあってお勧めですよ~。

 

3.「首吊り」 PIERROT-自殺の理由


PIERROT - 自殺の理由

自殺についてここまでストレートに歌っている曲に出会ったのはこれが初めてだったと思います。PIERROT、よくやってくれたと思いました(←誰だよ)

 

リメイク版もかっこいいけどやっぱり台詞から入る原曲が好きですねー。ヴィジュアルロックは台詞とかで曲の世界観を演出するんで、もう曲自体が「作品」ですよね。まあ音楽は全部作品ですけど。

 

「最後に言えなかった言葉も空白になる」この表現が首吊りらしくてとても秀逸だと思います。

 

4.「飛び降り」 PIERROT-夕闇スーサイド


Pierrot - 夕闇スーサイド PV

飛び降りは、地面に落ちる前に意識を失うので苦しまないと完全自殺マニュアルで見たけど本当でしょうか。意識がはっきりしたまま落ち、激痛を感じながら生き延びたという体験談もあるので、一概には何とも言えないですね。死んだ人にはどうだったか聞けないですし。

 

5.「手首切り」 La'Mule-ナイフ


La'Mule KNIFE PV

久々に聴いたらめっちゃ熱いですねラムール。荒削りな感じがまたたまらないですね。

手首切りについて歌ってるのも珍しいと思う・・・私が知らないだけかも知れませんが。

実際は死ねない自殺方法No1ですよね。歌詞にもありますが、失血死というのは異常に苦しいらしいです。

 

6.「首吊り」 メリー-首吊りロンド


MERRY「首吊りロンド」LIVE

メリーは林檎と嘘の方が好きなんですが、自殺ということでこちらで。

 

7.MUCC-盲目であるが故の疎外感


盲目であるが故の疎外感

Aメロの「何をしても楽しくないから何かをする気にもなりません」という部分に当時物凄く共感したなぁ。今もそうなんですけどね。

 

最後の「人殺しをしようとしている僕を誰も止めようとはしてくれませんでした」が自殺に当たると私は解釈しましたが、あなたはどうでしょうか。

 

8.Janne Da Arc-7-seven-


7-seven-

一時期ジャンヌダルクばかり聴いていた思い出。個人的にはアシッドブラックチェリーより好きですね。ヴィジュアル系入門としてもいいと思います。

 

自殺っぽくないですが「苦しみから逃げたい僕が、7を遂行した」とあるので自殺してると思います。

 

9.バロック-イロコイ


Baroque - Irokoi

この曲のイントロとギターソロがとても好きで耳コピしてギターで弾いてましたねぇ・・・曲のテーマ、世界観、メロディラインなど最高だと思います。

 

自殺かどうか怪しいところですが、「次も、女に生まれ変われるなら・・・」の所が死にに行くように思えてならないのです。

 

10.ヴィドール-SinAI~右手のカッターと左手のドラッグと薬指の深い愛と~


[PV] ヴィドール - SinAI~右手のカッターと左手のドラッグと薬指の深い愛と~

とりあえず美しいの一言。これ見てると猛烈にバンドがやりたくなる・・・好きなことをやって生きるためにアフィを早くなんとかしなければ・・・

 

自殺とは関係なさそうですが、ターゲットが好みそうなワードをこれでもかと詰め込んだようなタイトルが良し。

 

趣味に走ってしまいましたすいません。ヴィドール解散してしまって残念・・・

 

おわりに

「自殺」で検索してきているあなたのために書いてみましたがいかかだったでしょうか。

 

まぁたまには音楽でも聴いて死にたい気分に浸ってみるのもいいかもしれませんよ。そのうち違うものに目覚めてしまう可能性もありますが(笑)

 

なんか私が楽しんだだけのような気がします。すいません。

 

それでは。

 

【battle theme】通常戦闘のBGMがかっこいいRPG10選

RPGの通常戦闘曲は何回も聴きますし、そのゲームの世界観をプレイヤーに印象付ける重要な曲だと思っている葛城です。

 

今回は私的に聴いておくべきだと思うRPGの通常戦闘BGM10選をやってみたいと思います。

 

それではいってみましょう。

 

 デビルサマナーソウルハッカーズ


Shin Megami Tensei Devil Summoner Soul Hackers OST Common Battle

 

ソウルハッカーズの戦闘曲はサイバーな感じで疾走感があっていいですよね。

メガテンが出るからという理由でセガサターンを買った思い出。

(まあ後でPSにも移植されるんですけどね・・・)

 

アンリミテッド・サガ


アンリミテッドサガ バトルテーマ I (2 Loop) - "SAGA Unlimited - Battle theme I"

発売日に買いに行った小学生達が少しプレイしてクソゲーだと判断して、こぞって即売りに行っていた、みたいな話をネットで見たけど、そんなに悪いとは思わないんですよね。

世界観、キャラ、音楽は最高だと思うんだけど、常にスロットの目押しが求められるのと、マップクリアしても何も無かったりするのがいかんかったのかな。

唐突に入るボリュームのおかしいボイスはちょっとびっくりしますけど(笑)

 

サガ2 秘法伝説


【作業用BGM】Saga2 Battle Selection

当時小学生だったと思いますが、この頃はとにかくゲームが楽しくてね・・・

正にゲームがあれば他に何もいらないという感じで、親によく怒られてました。

今となってはゲームが全然楽しく無くなってしまいましたが。

これは私が大人になったからなのか、ゲーム業界が低迷しているのか・・・

昔のゲーム音楽を聴くとそんなことを考えたりします。

 

ロマンシングサガ ミンストレルソング


ロマンシングサガ ミンストレルソング / 戦いの序曲 - Romancing SaGa - Minstrel Song / Prelude Of Battle

このリメイクは成功だったと思います。

リメイクで曲がアレンジされているゲームで、あまりいいなと思ったことは無いんですが、ミンサガは全体的に良いと感じました。

グレイのテーマ曲と情熱の律動も好きです。

 

モンスターキングダム ジュエルサモナー


11 Battle Theme (Monster Kingdom Jewel Summoner OST) Ripped

いや、かっこよすぎるだろ(笑)これなんてロマサガ

伊藤賢治さん作曲というのがすぐわかる。

ゲーム自体はプレイしたこと無いのでノーコメントで。

 

バテンカイトス


The valedictory elegy (Baten Kaitos II: Hajimari no Tsubasa to Kamigami no Shishi)

桜庭さんの本気を見た。つーかかっこよすぎるだろ。

ゲームキューブだし、存在すら知らなかったゲームですが、良曲ですねー。

 

ラストハルマゲドン


ラストハルマゲドン 戦闘のテーマI部

某E○Tの曲に似ているような気がしますがかっこいいので良しとしましょう。

プレイしたこと無いんですが、ストーリーが激しく気になったのでyoutubeでネタバレを見てしまいました・・・

 

摩訶摩訶


Maka Maka SNES Random Battle Theme Extended

この辺の曲って、youtubeで見つけた「かっこいい通常戦闘曲まとめ」みたいなので知った曲が多いんですよね。

今更だけど私のオリジナリティがあまり無いかもしれない・・・

 

真・女神転生


Normal Battle - Shin Megami Tensei: Nocturne Music Extended

なんというか悪魔同士の闘いという感じが良く表現されていると思う。

普通にニュートラルでクリアしました。

 

ファイナルファンタジー


FF9 BGM 作業用 バトル1

FF伝統?のイントロをここにきてやってくれたかという感じでしたね。

全体的に良いと思うけどやっぱり従来のFFとは別物ですね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。正直あまりいいコメントができてなくてすいません。

やっぱり、どれだけ好きだったものでも忘れてしまうものなんでしょうね。

 

何か曲が良いゲームがあれば教えてください。

 

それでは!

【テクノブレイク】変わった自殺方法10選【自殺装置】

城です。

 

アクセス解析を見ていると、当ブログにGoogle検索でおこしになる方の48パーセントはこの記事に感心があるようです。

katsuragi.hatenadiary.com

 

「自殺」で検索する方が多いんですかねぇ。世知辛い世の中です・・・。

 

まあそんなわけで今回は関連記事として変わった自殺方法について書いてみようかと思います。

 

それではいってみましょう。

 

(自殺を勧める記事ではありません)

 

テクノブレイク

テクノブレイクはマスターベーション中に死ぬことです。高校生がこれで亡くなったことが報道されて有名になったと記憶しています。

 

狙ってテクノブレイクを起こし、自殺に使えるかどうかは不明ですが、2chにこの方法で自殺するスレッドが立ってたような気がします。

 

私も学生の時に1日7回くらいしたことがありますが死にませんでした(笑)体だけは丈夫なんでしょうね〜。

 

熊に食べられる

確か「完全自殺マニュアル」に珍しい自殺方法として載っていたと思います。

katsuragi.hatenadiary.com

 

熊本の阿蘇クマ牧場で熊小屋に身を投げた女性が食べられて亡くなった例があるそうです。

 

想像しただけで恐ろしいので素人にはお勧めできな・・・というか普通の精神状態では無理でしょう。

 

新幹線飛び込み/新幹線飛び降り

写真をネットで見たのですが、新幹線に轢かれると霧散する・・・とまではいかないでしょうが血糊がそんな感じでした。

 

一度挑戦しようと考えたのですが、新幹線が最高速度を出しているエリアに入る手段が無いと思い、諦めました。

 

もう1つ例として、新幹線に乗車し、最高速度の時にドアをこじ開けて(?)車外に飛び降り、そのまま想いを遂げた男性もいます。

これもやろうかと思いましたが、多分あのドア開けられないだろと思い、断念しました。(←死ぬ気あるのか?)

 

自殺装置(タナトロン)

ゲボギアン博士が開発した安楽死装置と記憶しております。

末期ガンの患者など安楽死が認められた者のみにその使用が許可されていたとか。

 

これは、まず患者をベッドに横にならせ、点滴の要領で生理食塩水を流す。

患者がスイッチを押すと1分後にチオペンタールの点滴が始まる。

チオペンタールにより患者が昏睡状態になったら塩化カリウムの点滴が始まり、心臓発作で死亡する。

というもの。

参考:

ジャック・ケヴォーキアン - Wikipedia

 

かなり憧れましたが、当時はまず海外に飛ぶ気力が無かったし、どうやって交渉するんだ?と思ってやりませんでした。何もかもめんどくさいんですよね。

 

浴槽で溺死

f:id:D_katsuragi:20180510122730j:plain

普通に溺死しても死ねないので(言葉がおかしい)睡眠薬を使って浴槽で溺死しようというのがありましたね。

水を湯船に張りながら湯船に入り、睡眠薬を飲む。寝ている間に水位が上がり、溺死するって寸法ですよ。水なら低体温自殺も狙えると。

やったことないけど苦しくなった時点で起きると思いますね。

 

急性アルコール中毒

大学生が歓迎会かなんかでよくこれでお亡くなりになるので、楽に死ねるかなと思ってウイスキー買ってきてやってみたけど普通に楽しく飲んでました(笑)

まぁ直腸から吸収するほうが死にやすいみたいですが。

 

 ドライアイス

車の窓などを目張りして密閉し、ドライアイスを持ち込むとCO2が発生し、昏倒してそのまま窒息するという自殺方法だったと思います。

苦しまないとの説が多かったのでやってみようかと思いましたが大量のドライアイスを手に入れるのが面倒でやりませんでした。

鬱の状態だと何やるのも面倒なんですよね。だから衝動的に死ねる飛び降りや飛び込みが人気なのかもしれないですね。(人気というのもおかしいですが)

 

低体温

ある漫画家の方が夏場にクーラーをガンガンに付けたまま寝たら低体温症で無くなってしまったいうニュースがあり、2chでも「そんな簡単に死ねるのか!」と試して見た人が多くいたようですが、あまり死ねないようでした(笑)

この漫画家の方の場合、過労と不節制と睡眠不足が重なって起きたようだったので、健康な人が真似しても再現性は低いと思います。

 

酸性の熱水泉に落ちる

酸性の熱水泉に男性が誤って転落、遺体は溶けて無くなるというニュースがありました。

普通に自殺や殺人に使えるなと思ってしまいました。ただ敷地内に普通に入れるのかはわかりませんが。

 

ティッシュを鼻と口に詰めて窒息

「145人 の自殺者」という本に事例として載ってたと思います。

 

手段さえ選ばなければ人はいつでも死ねるということを再確認できる豪快な自殺方法ですね。

確かこれを行なった人は拘留されてたか何かで周りに死ぬための道具がティッシュしか無かったんですよね。

 

おわりに

まだまだ変わった自殺方法はありますが、10件になったので、これで終わります。

 

さて、ここまで読んだあなたは少なからず自殺に興味があるとは思います。

 

私から言えることは、私を含め、他人はあなたの自殺を止める権利は無いということです。

 

「死ぬな!生きていればいいことがある!」みたいな使い古された言葉は、死のうとしている人間には全く響かないと思うのです。

 

死の自由さえ奪われてしまっては、それこそ生き辛い世界になってしまうでしょう。

 

だからといって死ねと言うわけではないですが、死を選ぶしか無かった先人もまたいるのです。

 

手段として自由の方法を知っておくのは悪いことではないのではないでしょうか。

 

それでは。

 

【いっぺん、死んでみる?】計画的に自殺しようとした時の話。

どうも、愛読書は

完全自殺マニュアル

katsuragi.hatenadiary.com

 

自殺のコスト

 

「145人の自殺者」

の葛城です。

 

今回は私が計画的に自殺しようとした時の話をしようと思います。  

 

自殺しようとしている人を救いたいとかそういう事は考えてません。

 

ただ、私の経験が何らかのヒントになればと思っています。

 

それではいってみましょう。

 

1回目の自殺計画

f:id:D_katsuragi:20170922211211j:image

25歳くらいのことだったと思います。自殺について知りたかった私は、自殺関係の書物を探したのですが、具体的な手法が書かれているのは「完全自殺マニュアル」だけでした。 

 

この本によると、自殺は首吊りが一番楽ということでした。痛いのと苦しいのは嫌なので、これにしようと思いました。

 

しかし、この本には「輪っかに首を通して踏み台を蹴れば頸動脈が締まって意識を失う→そのまま死亡」くらいのことしか書いておらず、実際にやってみるにはかなり不安があるなと思いました。失敗した場合の後遺症や、本当に苦しくないのかなどの疑問が残ったからです。

 

そこで、私はネットで首吊りの方法を調べることにしたのですが、一番情報が多かったのが2chメンヘルサロン板の首吊りスレでした。

 

これは素晴らしいと思い、テンプレは暗記するくらい読み込みましたし、スレも毎日チェックしました。

 

実際に、ハイパーベンチレーションから急に立ち上がり、首の頸動脈を自分の手で押さえることで意識が飛んだ(首吊りで意識が飛ぶ感覚の疑似体験)体験なども書かれており、私も自分の身体で実験してみましたが、意識が飛ぶのは確認できました。

 

他にもロープだけだと頸動脈を効果的に押さえられないので意識が飛ぶのに時間がかかると仮定し、タオルで緩衝材を作って効果的に圧迫する方法や、ロープを木などに結び付ける時はもやい結びが良く、首側はハングマンズノットが良いなど、実践に基づいた情報がたくさんありました。(読み飛ばしてOKです)

 

参考になるブログもシェアされてたのですが、管理人の書き込みが無くなると「成功したんだ」と騒がれたりしてました。

 

このスレの皆さんには大変お世話になりました。この場を借りてお礼を言いたいと思います。(私は生きているのでスレの目的としては良いのかわかりませんが 笑)

 

まあそんなわけで首吊りの知識だけは無駄に付いたのですが、なかなか実行できずにいました。自分を追い込もうと仕事であり得ないミスをして、「もう明日会社行けないわ」くらいの状態にしたんですが、場所を決めていませんでした。

 

切羽詰まれば場所は見つかるだろうと思っていましたが全然見つからず、(大阪は何処も人の目がある)出勤の時間が迫ってきました。

 

もう家でやるしかないと思い、ロープを掛けられる場所を探しましたが、最近のマンションはロープを掛けれる場所が無いのです。

 

仕方なく「首絞め+ビニール袋で窒息+手を後ろ手に拘束」という方法で決行したのですが、拘束を解いてしまい失敗しました。

 

後遺症としては目の充血が治らないのと、首にロープの跡が…。会社ではタオル巻いてましたけど不審に思われてましたね(笑)

 

あと、カーテンの無い部屋でやったので近所の人に見られてたらしく、近所の子供達にドア越しに「引っ越せー!」とか言われたりしましたね。まあ引っ越しましたけど。別の理由で(笑)

 

2回目の自殺計画

これは27歳くらいの時ですね。

 

ネットで、首吊り以外にも「硫化水素」「練炭」「凍死」「飛び降り」「飛び込み」「服毒」「ヘリウム」などの情報を網羅していた私は、結局は首吊りかなと思っていました。

 

その時のトレンドは硫化水素だったみたいですが、なにせムトウハップが規制か何かで手に入らなかったんですよね。(硫化水素はムトウハップとサンポールを故意に混ぜて発生させる)

 

で、首吊りなんですが、その時の私はブラック企業で営業をやっていて、かなり疲れていたと思います。

 

「もういいか」と思い、20代前半の時にバイクで走り倒した和歌山の山で死ぬことにしました。(迷惑)

 

車にロープと脚立を積んで、丁度良い東屋を見つけ、そこで吊ることに決めました。星が綺麗です。

 

かなり寒かったのを覚えています。ひょっとしたら低体温自殺もできたかもしれません。

 

ひとまず東屋の梁?にロープを結び、反対側に輪っかを作る。そして脚立をセットしました。

 

タバコを5本ほど吸い、覚悟を決めて、首に輪を通しましたが…

 

どうしても台を蹴れなかったのです。

 

そのまま諦め、車で家に帰りました。(白目)

 

まとめ

この記事で言いたかったのは、自殺は計画的にやろうとしてもなかなか出来ないということです。

 

なので、やってみろとは言いませんが計画を立てて実行してみるのは結構スッキリするので私的には良い経験だったかと思います。

 

結構計画立ててるのが楽しくて死なないんですよね。それもありなんじゃないかと。

 

まあ、こんな私でも生きてます。あなたが死ぬのはまだ早いんじゃないですか?

 

葛城でした。

 

他の自殺カテゴリーの記事はこちら。

katsuragi.hatenadiary.com

katsuragi.hatenadiary.com

katsuragi.hatenadiary.com