katsuragi.com

天才肌の凡人

【ネタバレ注意】やらないと人生損してると思うゲーム10選

葛城です。

 

最近、◯◯10選!って流行りなんですか?便乗してみました。 

 

まあ数字を入れるのは興味を引く基本だと思いますが、このブログはそういうの抜きでやっていきたいと思います!

 

というわけで私の独断と偏見でやらないと人生損してると思うゲームを選んでみました。歳がばれると思います(汗)

 

それでは早速いってみましょう。

 

1.魔界塔士サ・ガ

ゲームボーイRPGの名作。音楽は植松伸夫氏と伊藤賢治氏だったと思います。

 

人間、エスパー、モンスターの3種類の種族から主人公と仲間を合計4人選んで冒険するという自由さ。

 

仲間をパーティから外そうとすると「おれはいやだぜ」と言って拒否←女キャラでも「おれはいやだぜ」

 

どうしても外したい場合はライフをゼロにして死亡扱いにして他のキャラを入れます。

 

これは「ロマンシング・サガ3」の詩人をパーティから外そうとした時の「嫌です」に受け継がれています。多分。

 

正直子供がやるゲームではないと思いますが、名台詞多いです。

「おい◯◯(仲間)、ガルガルやろうといいおんな、どっちがこのみだ?」

「きくまでもなかろうよ!」

とか最高。女キャラでもこれ言いますし。

 

2.東方シリーズ

f:id:D_katsuragi:20171014074617p:plain

↑うろ覚えチルノ

↓実際

f:id:D_katsuragi:20170920224618p:image

シューティング苦手なんでノーマルモードしかクリア出来ませんが、兎に角全てにおいてセンスが良いです。

 

キャラデザイン、音楽、曲名、スペルカード、弾幕の美しさ。2次創作が捗るってはっきりわかんだね。

 

ちなみに製作者のZUN氏はキャラデザからプログラムまで全て一人でやってるそうですよ。

 

3.ポケットモンスター赤・緑

ポケモンは初代が一番良いと思うのは私だけでしょうか。150匹というのも丁度いいし、ポケモンのデザインも洗練されてて良いと思うのですが。

 

これはロム2つ持ってましたが500時間はやり込んだと思いますね。ミュウツー6匹レベル100にするの飽きたらジュゴンとかレベル100にしたりね。

 

炎が極端に弱くて格闘も微妙だし、虫はいいとこ無いし、草も火力無いし、エスパーに次いでゴーストが最強で、時点がドラゴンというわかりやすさも良かった。

 

努力値とかあまり知られてなかったのも当時の良さですね。私もあまりわかってませんでした。

 

でも、女主人公の着せ替えができるのでxyも好きです(笑)

 

4.LIVE A LIVE

この時のスクウェアソフトは文字通り神でした。

 

原始編、現代編、近未来編、幕末編、SF編、功夫編、西部編に分かれており、どれからでもプレイできます。

全部終わると中世編→最終編になります。

 

ネタバレになるのであまり語れませんが、是非プレイしてください。

 

5.ロマンシング・サガ2

これは当時何故か手に入らなくて、ロムを借りてた知り合いに5,000円くらいで売ってもらった記憶があります。

当時中学生でしたが、全く後悔はしてません。それだけ価値があります。

 

復活した「七英雄」と皇帝の戦いを描いた作品なのですが、黒幕はオアイーブ(古代人)という考察も面白いです。

 

技を先頭中に「閃く」システムはこれが最初だった気が。

 

「父上…流し斬りが完全に入ったのに…

 

 6.アバタール・チューナー/アバタール・チューナー

自分的に神ゲーです。1は500円とかで売ってるけど決してクソゲーではない(笑)

 

主人公のサーフ達は「アートマ」を使って悪魔に変身して戦うという戦闘システム。金子さんのデザインかっこよすぎる。(人間状態で銃を使用して戦うことも可能。すぐ死ぬけど)

 

通常攻撃が「狩る」で、「マントラ」というFFで言うアビリティみたいなのを高めると「食い散らし」「暴飲暴食」などに変化するのも良かった。

 

多分輪廻転生がテーマで、救いようがないようなストーリーだけど最後は泣けます。。

 

「てめぇはミートボールだ!」

 

「理解不能だ」→「理解できないものは感じるしか無い」

 

などの台詞が印象に残ってます。

 

7.ヴァルキリープロファイル

このゲームに関しては戦闘が秀逸だと思いました。とにかく必殺技がかっこいい。

 

「冷厳なる氷剣の儀式、奥義・アイシクルディザスター!」

ヴァルキリープロファイル 決め技集 前半 - YouTube

普通に任務をこなしていくだけではAエンドが見れないのも良かったですね。

 

8.真・女神転生

いきなり母親がアレなことになったり飼い犬を悪魔と合体させてケルベロスにしたり、ミサイルが降ってきたりと散々なゲームですが本当の苦難はこれからだった…

 

まあ子供には少々刺激が強すぎましたかね。確か「リムドーラ」という衝撃系の最強魔法があったのは今作だけだと思う…

 

9.葛葉ライドウ対超力兵団

オープニングがカッコよすぎる。

葛葉ライドウ対超力兵団 OP - YouTube

戦闘がスターオーシャン的なシステムなのも良かったですね。

 

10.ファイナルファンタジー

主人公が暗黒騎士というジョブで、ダークヒーローっぽいのが斬新だと思いました。まあ最終的にはパラディンになってますが。

シリーズ中最後のストーリーだと私は思ってます。

 

いいですとも!

 

おわりに

いかがでしょうか。私と感性が近い方には共感していただけると思います。

正直10個では足りませんね。また機会があればゲームの記事は書きたいと思います。

 

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

葛城