katsuragi.com

天才肌の凡人

奇妙な生きもの集まれ!

葛城です。

 

私は、実は生きものが好きなので、今回は珍しい生きものを紹介していきたいと思います。

 

それではいってみます。

 

(マニアックな方には物足りないかもしれません。)

 

1.肺魚

f:id:D_katsuragi:20170928102121j:image

撮影場所:ニフレル生きているミュージアム ニフレル

熱帯魚好きな方には珍しくもなんとも無いと思うんですが、「肺で呼吸する魚」です。

 

現地では呼吸する為に水面に上がってきた時にハシビロコウに捕食されたりするみたいです。

 

肺呼吸の為、乾季には夏眠ができる。

 

写真はプロトステルス・エティオピクスという種類です。以前私もプロトプテルス・アネクテンスという肺魚を飼ってました。

 

砂を敷いておくと吸い込んで吐き出すのを観察できます。何をしてるのかはわかりませんが……。

 

かわいいです。

 

2.アカントガンマルス・ビクトリィ

f:id:D_katsuragi:20170928130830j:image

撮影場所:琵琶湖博物館琵琶湖博物館へようこそ!

バイカル湖産の大型ヨコエビです。飼ってみたいと思ってGoogleで調べたんですが、ほとんど情報が無いという強者。

 

他にアカントガンマルス・レイヘルティがいる模様。

 

ヨコエビというよりはヨコエビの形をしたエビという感じ。Twitterにある動画では泳いでいるのが確認できました。

 

3.ヨツメウオ

f:id:D_katsuragi:20170928135202j:image

撮影場所:ニフレル

生きているミュージアム ニフレル

 目が4つある……わけではなく、実際は2つで、水中用瞳孔と水上用瞳孔があり、間に仕切りがあるので目4つあるように見える。という構造みたいです。

 

カダヤシ目らしいですけどかなり大型ですね。30cmくらいになるみたいですし。

 

4.グリーンブリトルスター

f:id:D_katsuragi:20170928155406j:image

撮影場所:ニフレル生きているミュージアム ニフレル

 

これもあまり情報が出てこないですね。多分クモヒトデの仲間だと思うんですが。

 

こういうマイナーな生きものをちゃんと調べて生態とかを纏めたら検索上位取れそうですね。

 

あなたやります?(笑) 

 

しかし、グリーンブリトルスター……かなりのニッチジャンルと見た。これで上位取ってどうするのか。

 

ニフレルの説明には動きが速いと書かれてますが、そんなでも無かったような。

f:id:D_katsuragi:20170928172045j:image

 

5.Pyura chilensis

生きた岩と言われてますが、岩に見えるホヤですね。割ると真っ赤な液体と筋肉、内臓が出てくる……ちょっとグロいので画像は貼らないでおきます(汗)

 

食用で物凄く美味いらしいです。

 

出典:血の滴る生きた岩?しかも食用でうまいだと?チリのグロテスクな海洋生物「Pyura chilensis」 : カラパイア

 

6.ミツユビアンフューマ

大阪府貝塚市の博物館で存在を知りました。

 

ウナギっぽいですが両生類です。

 

後ろ足は退化してますが前足は残ってます。他にヒトユビアンフューマ、フタユビアンフューマもいるそうです。

 

肺魚に通ずる可愛さがありますね。飼ってみたい。

 

7.トゲアリトゲナシトゲトゲ

名前が面白いだけだろっていう昆虫。

 

トゲトゲしてる虫が見つかったのでトゲトゲと名付けたが、後にトゲの無いトゲトゲが見つかったのでトゲナシトゲトゲと命名。

さらにその後、トゲのあるトゲナシトゲトゲが見つかったので、それをトゲアリトゲナシトゲトゲと命名した。らしいです。

 

まとめ

いかがでしたか?面白いでしょう。

 

もう少し紹介して10選にしたかったんですが、今日はこのくらいにしておきます。

 

それではまた!