katsuragi.com

天才肌の凡人

「何故死にたいのか」について本気出して考えてみた。

うも、最近会社にも家にも居場所が無い葛城です。  

 

こういうダークな気分の時に書いておきたいのが

そもそも「何故死にたくなるのか」その理由についてです。

 

最近は家族もできて、こういうことを言っている場合でもないのですが

やはり調子の悪い時など、「本来の私」の思想が出てきたりします。

 

そんなわけで今回は何故死にたいのかについて書いてみます。

不快に感じない方だけお付き合いいただけたらと。

 

働きたくない

f:id:D_katsuragi:20171021090036j:image

一番の問題は、やはり私自身が労働に向いていないこと。

「働かなくていいなら働きたくない」

という考えが根底にあるからなんですね。

 

でもお金は欲しいので、一人でできそうな「ネットビジネス」をやってみようとするけど稼げない。

 

結果を出すには尋常じゃない努力が必要だとわかった。

でも努力するのも面倒だし・・・やっぱり死のう。

 

となるわけです。

 

生きていく為にはお金が必要です。が、それを得る為に社畜となり

人生を差し出すくらいなら死んだ方がマシだということです。

 

実際好きでもない仕事で定年まで働くとかゾッとしませんか?私はします。

 

それが普通だろ、と思考停止してる人間とは少なくとも違うと思うんですが、たまにそういう人が羨ましく思えます。

 

才能が無い、生まれた時に配られたカードが弱い。

これ言い出したらキリがないんですが、まぁ一番分かり易いのは容姿ですよね。

 

例えばイケメンは何もしなくても女性が寄ってくるでしょう。

なので恋愛市場においても自然と自信が出てくるわけです。

自信があるから女性に声もかけやすいし、自然と上手くいくという正のスパイラル。

 

全てがそうではないとは思いますが、エロゲーの主人公のような生活を送っている男もいると思うと努力する気もなくなります。

 

真のモテ男はオ◯ニーしたことがないんだってさ。常に相手がいるから。

 

あとは生まれもありますね。

例えば富豪の子供は富豪なので生まれつきお金があります。

 

 Twitterで見たんですが、アメリカの富豪の息子が

インスタ映えする美女を貸し出すビジネスをやっていて、成功しているとか。

 

こういう話を聞くと真面目に働くのが馬鹿らしく思えてきます。

 

才能については、まあ親の能力を受け継ぐというか。

ゲームで言うとファイヤーエムブレムみたいな感じですか。

 

当然ながら音楽家の子は音楽の才能があり、画家の子は絵の才能がある。

でも凡百の子は凡百。

 

以上三点のようなことを覆すのが恐らく「努力」なんだとは思いますが、

例えばイチローと同じ練習メニューを同じだけこなした人がいるとして、

その人がイチローになれるかと言うと、それは誰にもわかりませんよね。

 

確か「ヒミズ」という漫画で「蟹の卵が全部蟹になったら大変だろ」みたいな台詞があったと思うんですが、そういう感じですかね。

 

こういうのも死にたい気持ちを加速させます。

 

必要とされない

昔、2ch固定ハンドルネーム(コテ)を名乗っていた時から思ってたんですが、

レスが詰まらないからか、全く相手にされないか叩かれまくるかどちらかなんですよね。

反対に、良コテと言われるコテ達は名無しの支持を自然と?集めて賞賛されていました。

 

これはTwitterでも同じことが言えます。人が集まる場所にいるからこそ感じる孤独です。

 

katsuragi.hatenadiary.com

これはリアル世界でも言えることで、何と言うか私は

「内向的なのに自己顕示欲が強い」

 

 会話が苦手で内向的なことに子供のころからコンプレックスがあって。

でも、喋らない人でも何か秀でているものがあれば一目置かれるじゃないですか?

スポーツ万能とか容姿が良いとか喧嘩が強いとか・・・

何も無いと、ほんとに馬鹿にされるだけなんで。

「クール」と「暗い」の違いを分けているのがここだと思うんですよね。

 

こういう思想があるのでクールな漫画のキャラには憧れましたね。

性別違うけど「あずまんが大王」の榊さんとかいいですよね。

容姿端麗、スポーツ万能で頭脳明晰、歌も上手くて寡黙で優しいという。

そらかおりんも惚れるわっていう。

 

まぁ何にせよ、必要とされないのは辛いです。

 

まとめ

まだまだ書けそうですが、キリが無いのでまとめると

私が「何故死にたいのか」その理由としては

  • 働きたくないけど働かないといけない。
  • 才能が無い。
  • 努力してまで這い上がるのが面倒。
  • 周りに必要とされてない。

この辺が主な理由になっているようです。

病気や借金苦で死にたい人と比べると、何とも甘ちょろい理由だと思います。

 

実際、こんな理由では死ねないというのは経験済みなんですが・・・

katsuragi.hatenadiary.com

 

人間というのは、「生きようとするシステムの塊」です。

「意志の力」でそれを押さえつけようとしても、

ほとんどの場合は「本能」が勝ってしまうでしょう。

 

まぁ欝と拒食症を併発してたりする方などは、

体が弱っているので、簡単に亡くなってしまう場合もあるようですが・・・

 

本能に抗って死を選ぶということはどれだけ異常なことなのか。

それこそが精神病の怖い所なのかもしれません。

 

それでは、読んでいただいてありがとうございました。